レーシックを知ろう - レーシック vs コンタクトレンズ
近年注目を浴びている視力回復法「レーシック(LASIK)」。レーシックとは、レーザー治療で視力が回復できるという脅威の視力回復法です。全世界では、毎年数百万人の方が利用している手術で、日本でも2000年に認可されて以来、毎年手術を受ける方が増えています。
コラム:コストで見る!レーシックVSコンタクトレンズ
レーシック手術をするのと、使い捨てコンタクトレンズを長期に渡って使用するのと、どちらが高コストか調べてみました。「レーシックは高い!」と思っている方も是非ご覧ください。
コンタクト両目
1年間
5年間
10年間
使い捨て(1DAY)
240円/1日
\86,400
\432,000
\864,000
使い捨て(1Week)
170円/1日
\61,200
\306,000
\612,000
使い捨て(2Week)
90円/1日
\32,400
\162,000
\324,000
【ポイント】
■使い捨てコンタクトレンズ
長期で使用すると意外と高額。
■レーシック
高額だけど長い目で見れば決して高くはない。
レーシック
1回
レーシック手術
\200,000〜\500,000
レーシックの手術費用は健康保険適用外ですが、生命保険や医療保険に加入している方は、上記の金額よりも安く手術を受けられる場合があります。
該当する方でレーシック手術をご希望の方は加入している保険会社に直接お問い合わせ下さい。
 
→ 「レーシック」と「コンタクトレンズ」まだ迷っているなら・・・
どうしてレーシックで視力が回復するの?
レーザーを当てるだけで本当に視力回復できるの?
と疑問を感じる方も多いのではないでしょうか。その答えはとても簡単です。
近視や遠視は屈折異常によって焦点が合わずピンボケしている状態です。そのためメガネやコンタクトレンズなどで焦点を合わせて、視力を矯正します。
レーシックは屈折異常の原因のひとつである角膜にレーザーを当てて屈折を矯正し、屈折異常を根本から治す手術です。
このような原理で、視力が回復するというわけです。
視力回復力について
個人差があるので一概には言えませんが、一般的にメガネやコンタクトレンズを装着した時と同じくらいにまで視力が回復するといわれています。
※0.1以下だった視力が、手術をした次の日には1.2にまで回復したという例もあります。
 
クリニック情報
 品川近視クリニック → 公式サイトへ 東京札幌大阪名古屋福岡
品川近視クリニック
 神戸神奈川アイクリニック → 公式サイトへ 東京、札幌、名古屋、神戸、大阪、福岡
神戸神奈川アイクリニック
 
NEXT PAGE   手術について