レーシックを知ろう - 手術について
レーシックでは、エキシマレーザーという10000分の1ミリ(1ミクロン)単位で角膜の形状を変えることができる高精度の医療機器を用います。角膜の形状を変えることで近視や遠視の原因である屈折異常を正常に治し、視力を矯正することができるのです。
レーシックは痛くないって本当?
レーシックは点眼剤で麻酔をしてから行うので、ほとんど痛みを感じません。
手術中は、眼球を触られても何も感じなくなります。
レーシックの手術費用
片目
両目
料金
約250,000円
約500,000円
費用は健康保険適用外ですが、生命保険や医療保険に加入している方は、左記の金額よりも安くレーシックを受けられる場合があります。
(上記の金額はレーシック手術費用の相場です)
※レーシックの手術費用は各医院によって異なります。
手術費用の他にも検査代や薬代、術後の定期検診代なども病院のホームページなどで事前に調べておきましょう。
コラム:あっ!という間 レーシックの手術方法
レーシックの手術時間は約20分ととても短いですが、レーシックを受ける前にはカウンセリングや入念な事前検査を行います。
また、術後の数時間は医院で休息をとる必要があります。
@点眼剤で麻酔をしてから、目を洗浄します。
Aマイクロケラトームという器具を使い、角膜の一部を薄く削ります。
B薄く削った一部分(フラップ)をめくります。
Cレーザーを照射し、1マイクロ単位で角膜の形状を変えていきます。
Dフラップを元の位置に戻します。
E元の位置に戻ったことを確認してから、目を洗浄します。
フラップは元の位置に戻すと眼球に吸着した状態になるので縫合する必要はなく、2〜3日で接着し元の状態に戻りますが、術後の経過を見るために定期検診を受ける必要があります。
実際、レーザーを当てる時間は数十秒です。
レーシックを受けたその日に帰ることができ、帰宅後のケアも点眼剤を点すだけです。
成功すれば、レーシック手術を受けた直後から視力が回復し始め、翌日には目標の視力まで回復する場合もあります。
クリニック情報
 品川近視クリニック → 公式サイトへ 東京札幌大阪名古屋福岡
品川近視クリニック
 神戸神奈川アイクリニック → 公式サイトへ 東京、札幌、名古屋、神戸、大阪、福岡
神戸神奈川アイクリニック
NEXT PAGE  レーシックのリスク