レーシックを知ろう - レーシックのリスク
レーシックには合併症などのリスクが伴うことを事前に知っておくことが大切です。リスクを軽減する為には、信頼できる医院選びが大切です。ここではレーシック手術を受ける際のリスクを掲載しています。リスクを少しでも軽減しましょう。
レーシックの合併症?問題って?
レーシックの合併症や問題について知っておくことでトラブルが未然に防げることも多いので、レーシックの合併症などにおけるリスクを正しく理解しておくことが大切です。
レーシックの合併症
ハロー・グレア現象
明るい光の周りにぼんやりとモヤがかかっているように見えたり(ハロー現象)、明るい光がまぶしく見えたり(グレア現象)する症状。
通常は約3ヵ月で治ると言われていますが、強度近視の場合はこの症状が残る可能性があります。
ドライアイ
術後3ヵ月程度はドライアイの症状がでることがあります。角膜の感度が鈍りまた瞬きが減少するため、目薬や涙点プラグを挿入することで症状を緩和することができます。
その他の症状
滅多に起こることはありませんが、ごく稀に感染症を起こし眼球が白濁することがあります。
早期に治療をすれば治すことができますが、治療が遅れると角膜移植をしなければならないという大事に至ります。定期的に通院する事が大切です。
レーシックに関する問題
技術による問題
ごく稀にフラップを元に戻す際にシワが寄ったり、角膜を削りすぎたりすることで、不正乱視を発生することがあります。
このような事態を防ぐために実績のある医院で手術することをおすすめします。
医療機器による問題
医療機器のトラブル等で、フラップ作成が不完全になり上皮剥離を起すことがあります。
このような事態を防ぐためにも、新しい設備の整った医院でレーシックを受けましょう。
良い医院の選び方
価格だけで選ばず、価格・設備・技術等を総合的に判断し、信頼できる医院を選びましょう。
【よい医院のポイント】
□レーシックの手術経験が豊富
□事前検査や定期検診などを入念に行なっている
□最新の医療機器を使用している
コラム:コンタクトレンズは危険? コンタクトレンズのリスク
一般的に、コンタクトレンズのリスクはレーシックより高いといわれています。
特に雑菌がつきやすいソフトタイプのコンタクトレンズは比較的合併症を起こす可能性が高く、ひどくなると失明する危険があります。コンタクトレンズをお使いの方は眼球に直接装用するというリスクをきちんと理解しておきましょう。
コンタクトレンズのリスク一覧
合併症
原因・症状
アレルギー性結膜炎 レンズの汚れが原因で結膜に炎症が起こり、目のかゆみ、充血などの症状が出る。
ひどくなると巨大乳頭結膜炎に発展する可能性がある。
ドライアイ症候群 目の表面を覆う涙液の不足などによって、目が乾く病気。
症状として眼精疲労、かすみ目、不快感などがある。
角膜炎 レンズの汚れ・カビ・微生物が原因で起こる角膜の炎症。
主な症状として腫れ・発熱・痛みなどがある。
レンズの洗浄に水道水や井戸水を使用することが原因で起こるアカントアメーバ角膜炎は、失明の危険性が高い。
クリニック情報
 品川近視クリニック → 公式サイトへ 東京札幌大阪名古屋福岡
品川近視クリニック
 神戸神奈川アイクリニック → 公式サイトへ 東京、札幌、名古屋、神戸、大阪、福岡
神戸神奈川アイクリニック
NEXT PAGE  レーシックに向かない人