視力について - 視力のしくみ
目は様々な働きを持つ物質同士が連携し合って映像を認識しています。
複雑でわかりにくい視力のしくみをわかりやすく図解で説明しました。私たちの目が普段どのような働きをしているのか理解しておきましょう。
まずは、目の構造を知ろう!目の構造と断面図
毛様体
網膜
瞳孔
断面図
虹彩
角膜
水晶体
比較!見え方の違いを知ろう!正視と屈折異常
正視(正常な眼球)
目に入ってきた光は視神経を通り、脳で映像として認識され、その映像をより正確に見ようと筋肉(毛様体)を伸縮させてレンズ(水晶体)を調整しピントを合わせます。
近視・遠視・乱視
屈折異常とは、ピントが網膜に合っていない状態を言います。近視・遠視・乱視は、それぞれピントの位置が異なり、近くが見えて遠くが見えない(近視)、遠くが見えて近くが見えない(遠視)、物体が二重に見える(乱視)などの症状が現れます。
クリニック情報
 品川近視クリニック → 公式サイトへ 東京札幌大阪名古屋福岡
品川近視クリニック
 神戸神奈川アイクリニック → 公式サイトへ 東京、札幌、名古屋、神戸、大阪、福岡
神戸神奈川アイクリニック
PAGE TOP